<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| スポンサードリンク | - | - | - |

街の電子屋さん

 

みなさんこんにちはっ!!!

慢性花粉症を点鼻薬(鼻にシュッとするアレ)と点眼薬(ようは目薬ですね)でねじ伏せたラガーです(笑)


さて世間は選抜高校野球の熱も覚めやらぬこの頃(主に東北)、みなさん花粉や寒さになど負けずに元気に過ごされているでしょうか?


そういえば花巻東、惜しかったですねぇ……

と言っても、充分に栄誉ある成績です!!!

花巻東のみなさん、熱いひと時をありがとう!!!!


そういえば花巻東の活躍を見て思い出した事があります。

中学生の頃、花巻東から推薦入学の席をいただいていた事があった様な……と。

しかもサッカー部だったのに陸上部での推薦だった様な……と。

うーん、思い出してみたら何だか謎だらけです……(笑


さて!! そんな事は置いといて、今日は少し仕事以外の事を書いてみようかと思います(仕事はちゃんとやってますよ)



前回のブログの最後でも書きましたが、ボクも黒幕こと水野先生からあるモノを頂いたのです……
!!!

大きな箱に包まれたプレゼントに、色々な想像を膨らませ開けてみると、中には……



↓こんなモノがっ……!!!


「アナログシンセサイザー SX-150」


よ、よりにもよって、ボクの……



ボクの一番欲しかったモノをくれるなんて……!!!


本意気で嬉かったので、マジで喜んでしまいました(σ´∀`)σ



アナログシンセサイザーと言っても実はコレ、書籍「大人の科学」のふろくなんですよ〜



なので書籍レベルの価格でシンセサイザーが手に入るのです!!!


それなのに何故今まで買わなかったのか……

本にしては若干高い気がしてたんでしょうね(◎´д`)


、せっかくなので電子楽器の歴史をほんの少しだけ紐解いてみましょう……(*´_ゝ`)


もともとは20世紀初頭に試作された電子音を発生させる装置を、1920年レフ・テルミンが楽器とした「テルミン」(アナゴ先生が持ってますね)が電子楽器の起源らしいです。

そして、シンセサイザーが世に誕生するのはそのだいぶ後、1964年「ロバート・モーグ」の手によってでした。

シンセサイザーはすぐに人気を呼び、色々なミュージシャンがこぞって使ったらしいですよ♪


そしてあの有名なビートルズのジョージ・ハリソン等が使った事でその知名度を爆発的に高め、現代もなお世界中の人々に愛されているのでした・・・・・・と、本当に少ししか紐解いてませんね(笑)


全部書いたらが来てしまいそうな程、実は歴史があるので割愛させてもらいました(*´_ゝ`)



さて、せっかく手に入れたので最後に少しだけやりたかったことを……




はい、今をときめくニューウェイヴバンド、POLYSICSごっこですね(本誌にも載ってますね)


え? 音はどうなんだって?


音もちゃんと鳴らしましたよ〜・・・・・・というか、何より特筆すべきはその音がかなり本格的なところなんですが、ブログでは伝わり辛ので割愛しました(苦笑



ということで、今日は電子楽器の話でしたが、GCA生のみなさんもそんな電子の世界に触れれる機会があります!!!

そう、エフェクター製作が・・・・・・♪

本科生も研究科生もお店で売っているようなエフェクターが作れちゃいます( o^^)o


少し専門的で難しそうですが、一つ一つ丁寧にやってゆけば意外と簡単に作れるので、みなさん是非楽しみにしていて下さい!!!


さて、今日はこの辺で終わりますが、土日を挟んで月曜日のブログ担当はチリチリ今泉先生です!!!

おたのしみにっ☆







 


 

| GCA仙台校 | 楽器 | comments(0) | trackbacks(0) |